薬のネット販売による注意点について

2014年6月12日の法律の改正以降ネット販売での薬の販売が可能になってから時間はたちますが、ネット販売で薬を求める際の注意点を正しく理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。そもそもネット販売での販売が可能なものは一般医薬品に分類されているもので薬剤師や登録販売業者だけが販売できるものになります。医療用の医薬品は処方箋が必要でネット販売はできません。つまりいくらネットによる薬の販売ができるようになったからといって誰でも簡単に販売できるようになったわけではありません。
具体的なネット販売をするための注意点としては、販売するためには販売元は店舗名称を厚労省のHPに一覧を掲載する必要があったり、販売元はメールの自動送信や一斉送信ができなかったり、購入者によるレビューや口コミやレコメンドが禁止されていたり、ネットの他に、対面や電話での相談体制を整備する必要があったりと細かいルールが定められています。これらはすべて消費者を守るための配慮から作られた注意点なのではないかと思われます。
実際の店舗販売とは違ってサイト上の情報を基に購入することになりますので店舗のように直接薬剤師やお店のスタッフとのやりとりができないため、購入予定のものについてはできるだけ事前に情報を収集し自分の体に対する副作用などのリスクをしっかりと把握した上で、自己責任の下に購入し使用することがとても大切になってくると思います。もちろんこれまで店舗に薬を買いに行く暇がなかった人や体調が悪く足を運ぶことができない人にとってはネット販売はとても便利だと思いますので、それぞれの用途に合わせて上手に利用していくことがポイントです。

ページトップへ