バルトレックスの作用とは

バルトレックスとは、ヘルペスの治療に用いられる内服薬のことを指し、効果が高いことでも知られています。含まれている成分は塩酸バラシクロビルと呼ばれるもので、この成分が体内に取り込まれることによって、発疹やヘルペスの原因となっているウイルスを攻撃し、またその増殖を抑えることができます。バルトレックスの特徴としては、吸収率が高いことを上げることができ、そのために大きな効果を期待することができます。バルトレックスは、DNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれる種類に入ります。ヘルペスは、通常、ウイルスが増殖をして症状が悪化する場合には、体内でウイルスDNAの複製が行われていますが、バルトレックスは、DNAの複製を阻害する作用があります。また、他に特徴として人のDNAポリメラーゼは阻害をすることがなく、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼは阻害をすることが上げられます。
効果としては、服用をすることで単純疱疹である口唇ヘルペスや性器ヘルペス、また、帯状疱疹や幼児や子供に多い水疱瘡の症状に対応でき、その様々症状の軽減や抑制、また再発を防ぐことができます。ヘルペスとなるそのものの原因がウイルスであるために、増殖を防ぐ効力は大きな効果を上げることができます。通常、発症から5日以内に可能な限り早くから服用することにより高い効果があることが分かっており、また、そうすることでウイルスの増殖を最低限に抑えたり、症状を軽くすることができます。服用においては口唇ヘルペスと性器ヘルペスの単純疱疹と帯状疱疹とでは飲み方に違いがあり、理解をしておく必要があります。前者においては一日、1回1錠を朝と夜に服用することになっており、後者においてはそれが、朝、昼、夜、と3回の服用になることです。
バルトレックスは元々、副作用が少ない薬として知られていますが、個人によっては軽微な副作用がでることもあり、そのために注意をしなければならない点もあります。まず、副作用としては、胃腸症状や眠気、頭痛といった症状を上げることができます。これは薬剤が代謝されるまでの段階で消化器官に若干の負荷がかかるためと考えられており、重篤に陥ることは少ないといわれています。実際、小児の水疱瘡にも処方されており、安全な薬となっています。ただ、高齢者の人や腎臓の働きの悪い人は薬を排泄する機能が弱いために、服用の間隔を延ばす必要があります。もし、腎臓に既往症などの症状がある場合には、医師との相談の上での服用が必要となります。

▼参考サイト
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療
コンジローマ

ページトップへ